ドライブレコーダーは前後必要?私が後ろにもカメラを取り付けた理由

ドライブレコーダーは前後に必要か? 後ろにも取り付け

 

車にドライブレコーダーは付けてますか?

 

わたしは車の買い替えを機にドライブレコーダーを前後に取り付けました。

 

 

前後ろに取り付けたことにより追突事故の状況やあおり運転による被害対策ができました。

 

 

わたしが後ろにもドライブレコーダーを取り付けた理由は追突事故にあったからです。

 

示談交渉のとき、事故当時の写真や動画があると証拠となり、よりスムーズに解決することができます。

 

示談交渉は時間がたてばたつほど精神的にキツくなります。

 

あいまいな記憶の証言より事実を伝えることが大事です。

 

 

という訳で私はドライブレコーダーを前後に付けました。

 

そこでドライブレコーダーは前後に必要である理由を紹介します。

ネットで買ったドライブレコーダー どこで取り付ける? ネットでドライブレコーダーを買ったけど、どこで取り付けてもらう?

スポンサーリンク

 

あおり運転対策 ドライブレコーダーは前後に取り付ける

あおり運転 ドライブレコーダー前後に付ける

 

ドライブレコーダーを前後に設置した理由のひとつはあおり運転対策です。

 

あおり運転が後を絶ちませんね。

 

最近ではほぼ毎日あおり運転に関するニュースや記事を目にします。

 

あおり被害の動画を見て思うのは自分がもし巻き込まれたらということ。

 

テレビではドライブレコーダーの録画の様子が映し出され、急ブレーキや無理な幅寄せ、被害者への恫喝。

 

 

恐怖でしかありません。

 

昔からあおり運転はあったのでしょうが、ドライブレコーダー搭載により証拠が残り、あおりの状況が詳細にわかるようになりました。

 

 

言葉だけでは、あおりや危険運転の事実を伝えるのには限界があります。

 

テレビであおり運転の状況を見ていると、車の中で被害者が警察に電話している声がパニックでうまくしゃべれない、言葉もでないなど緊迫した様子がわかります。

 

 

ドライブレコーダーに記録されているからわかることであって、この状況を言葉で説明しろと言われても、「怖かった」「急にあおられた」など事細かな言動は第三者には伝わりにくいです。

 

 

ビデオの録画があると現場の様子が誰にでもすぐにわかるので自分が思い出せないこと、後ろのカメラに映像が映っていれば見えにくい後方の様子も知ることができます。

 

 

前はもちろん、後ろにも付けていると守られている感じで安心ですね。

追突事故にあったら後ろのドライブレコーダーが証拠になる

ドライブレコーダー 前後に必要?

ドライブレコーダーを前後に付けた理由。

 

それは追突事故にあったことがあるから。

 

信号待ちで停車中に後ろからノーブレーキで追突されました。

 

その事故の示談交渉を自動車保険に付いていた弁護士費用特約を使い弁護士さんにお願いしました。

 

追突事故にあった時の記事はコチラ↓

弁護士費用特約 追突事故 体験談 【体験談】追突事故でむちうち!弁護士費用特約を使ってみた話。

最初に弁護士さんから追突時の写真、動画はないか聞かれたのを覚えています。

 

・・・無かったです。

 

当時乗っていた車にはドライブレコーダーは付けてなかったし、追突されて救急車で運ばれたので事故直後の写真も撮れてなかったのです。

 

 

弁護士さんから「写真や動画は事故状況の充分な証拠になりますよ」と言われ、写真を撮っておけばよかったと悔やみました。

 

 

事故は4年前で、当時はドライブレコーダーはあまり知られてなかったです。

 

そして、日がたつにつれて記憶があいまいになるので写真や動画があると事実がわかります。

 

正確に事実が伝わることで追突事故の示談交渉も有利になり、よりスムーズに解決し精神的ストレスも軽減されます。

 

 

これは事故にあった人にはわかると思いますが、相手との示談交渉は本当に時間と気力を消耗するのです。

 

ドライブレコーダーの動画があったらもっと早く、より詳細に弁護士さんに伝えることができたと思います。

 

 

追突事故は後ろの車が悪いので後方はカメラを付けなくてもいいのでは?という意見もありますが、私はそうは思いません。

 

 

たしかに追突は後ろの車の過失割合が大きいです。

 

でもどんな相手に当たられるかわかりません。

 

こちらの意見を認めない人もいるかもしれません。

 

そうなってくるとドライブレコーダーの出番です。

 

 

現状がわかると示談交渉も有利にすすみます。

 

この示談交渉を自分でしなければいけないと思うと、いくら自分は悪くなくても気がめいりますよね。

 

 

後ろにもドライブレコーダーを付けておくだけで追突事故の証拠になり、示談交渉がスムーズにいくなら安いものだと考えました。

 

 

ついでに自動車保険に弁護士費用特約も付けておくといざという時に威力を発揮します。

弁護士費用特約の使い方 弁護士の選び方 主婦でもできた!弁護士費用特約の使い方と弁護士の選び方

 

ドライブレコーダーを前後に取り付けてみた まとめ

最近、軽自動車をディーラーから購入した時にドライブレコーダーは前だけをおすすめされたんです。

 

しかし、後ろからあおられた時、追突された時、後方にもカメラが付いてないと証拠を残せないと思い前後に取り付けました。

 

 

このご時世、女性ひとりの場合、あおり運転に巻き込まれたら怖いし、子供を乗せている時に被害にあったら身動きも取れません。

 

 

自己防衛のためなので前後に取り付けることに普段役に立つのか?と聞かれれば普段は役には立たないかもしれません。

 

「自分は事故にはあわないだろう」

 

「あおり運転は都会の話だ」

 

と思うかもしれません。

 

けっしてそんなことはありません。

 

ドライブレコーダーを前後に取り付けてみて、いまのところ何もなく通常運転しています。

 

 

何もないのが一番なので安心しています。

 

安心のお守りのようなものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です