夏目友人帳展 福岡・博多阪急に行ってきました。

スポンサーリンク

 

夏目友人帳展に行ってきました。

 

わが家の次女と旦那さんが夏目友人帳のファンです。

 

受験生長女は塾なので家族3人で福岡・博多阪急に行ってきました。

 

 

博多阪急に着く前まではそんなに人はいないだろうと思ってたけれど、8階催事場に着いたら並んでました。

 

 

わたしの夏目友人帳への知識はほとんど無かったので、行く前にちょっとだけマンガを読んで行きました。

 

 

ニャンコ先生しか知らなかった。

 

でも、初心者のわたしでもしっかり楽しめました。

 

次女は大感激で興奮。

 

ここからネタバレになりますが夏目友人帳展の様子をレビューします。

アニメ 夏目友人帳 公式サイト

夏目友人帳をちょっとだけ解説

付け焼刃で夏目友人帳展を見に行ったわたしが解説するのもおこがましいですが、初めて知る方のためにちょっとだけ解説します。

 

 

【夏目友人帳】は漫画LaLaの2003年7月号に初めて掲載されました。

作者:緑川ゆき

出身地:熊本県

作者の緑川ゆき先生の苗字は熊本県に流れる緑川からとったものだそうです。

アニメ夏目友人帳は2008年7月7日第1期、テレビ東京系列で放送開始。

あらすじ

小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志は、祖母のレイコの遺産「友人帳」を受け継ぎ、自称用心棒のニャンコ先生と共にそこに名を縛られた妖怪たちに名前を返していくストーリー。

わが家は子供たちと旦那さんが録画して夏目友人帳を観ていました。

 

マンガは学校から借りて見ていたような。

 

いいですね、今の学校はマンガも置いてある。

 

わたしもうっすら観ていたけど、わたしが家事をやってるときにみんなで観てるんでじっくり見たことはなかったです。

 

 

でもテレビで夏目友人帳が流れているのを見て、絵がきれいだなという印象でした。

 

今回、夏目友人帳展を見に行って本当に絵がきれいでした。

 

いやされました~

 

それではおまちかね、夏目友人帳展へ。

夏目友人帳展へ。いざ入場。

夏目友人帳 ニャンコ先生 祠

入場してすぐにニャンコ先生が封印されていた祠(ほこら)があります。

 

照明が全体的に暗い感じにしてあって、わたしのスマホではさらに暗く写ってます。

 

 

行列で入場したので少しづつ前に進んでいきました。

 

夏目友人帳に来場されているお客さんはまさに老若男女でした。

 

この祠(ほこら)の場面は1巻の最初の部分なのでわたしにもわかります。

夏目友人帳・大相関図とキャラクターパネル

白い組紐でできたのれん?のようなところをくぐると最初のコーナーがあります。

な梅友人帳 相関図

夏目友人帳の相関図と主な登場人物の等身大パネル。

 

大相関図だけあって写真に入りきれませんでした。

 

引きで撮りたかったけど撮れない・・

 

写真には写ってませんが、大相関図のパネルの上下左右に夏目友人帳に出てくる歴代の妖怪たちが取り巻いています。

 

 

妖怪と言わず妖(あやかし)と言うんですかね。

 

人間のキャラクターはどのキャラもすっきりとした美少年顔、線も細くてきれいな顔立ちです。

 

 

わたしも好きな絵です。

 

対する妖(あやかし)たちはよく見ると、なんかこんなの見たらギョッとしそうなキャラもけっこういます。

 

 

顔の中心に穴が開いていたり、妖怪のキャラ作りの方が大変のような気がしました。

 

 

ギョッとする妖怪たちとは別になんだか憎めない妖怪もいます。

 

行列だったのでひとつひとつじっくり見れなかったのが残念です。

 

しかし、登場人物の多さにびっくりしました。

幻想的な切り絵の世界に感動

夏目友人帳 切り絵 大橋忍

切り絵って引き込まれますね。

 

照明が落としてあるので切り絵が立体的な影になってより一層幻想的に感じました。

 

 

すぐ近くで接近して見れます。

 

この切り絵は「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」で登場したホノカゲです。

 

 

切り絵作家、大橋忍先生による作品です。

 

わたし、映画を観ていないので知りませんでした。

 

家に帰ってからこの切り絵は何だろう?と思い調べたら大橋忍先生の名前が出てきて知りました。

 

 

大橋先生の作品が夏目友人帳の作風にピッタリとマッチしていて、「お~!すごい」と家に帰ってからも感動しております。

 

 

(上から目線のコメントですみません)

 

会場でもひときわ目立っていました。

 

子供と旦那さんは映画も観に行ってるのでひたすら感激している様子でした。

夏目友人帳 キャラクターデッサンもたくさんある。

夏目友人帳 キャラクター デッサン

キャラクターデッサンの原画集はたくさん展示されていました。

 

写真はもっとたくさん撮ったけど、一枚だけご紹介。

 

こうゆうのを見るとマンガ家さんてすごいな~と尊敬してしまいます。

 

だってどれだけのキャラあるんでしょう?

 

ひとつひとつキャラ設定されてあって細部にもこだわりがありますよね。

 

プロってすごい。

 

小学生のころ、なりたい職業に「マンガ家、声優、イラストレーター」と書いた自分が恥ずかしい・・・

 

【フォトスポット】記念撮影もできるよ。

一緒に写真撮影するもよし、近くで見るもよし。

 

フォトスポットもありました。

実物大の斑(まだら)と撮れる

夏目友人帳 斑 まだら

圧巻だったのが妖怪・斑(まだら)。

 

実物大の大きさです。

なかなかの大きさでした。

しっぽふさふさ。

 

胴体としっぽの間に立って記念撮影できます。

 

でも混んでたのでチャチャっと撮る感じです。

 

次女に「いっしょに撮ろうか?」とすすめたけどお断りされました。

 

なんだかおちゃめ。夏目組 犬の会 フォトスポット

 

夏目組 犬の会 フォトスポット

夏目を慕う「犬の会」のメンバーといっしょに記念撮影できるコーナーです。

 

真ん中のあいてるスペースに立ちます。

 

ヒノエ、三篠(みすず)、ちょび、紅峰(べにお)、カッパ、牛、一つ目の妖怪。

 

愛嬌のある妖たちです。

夏目貴志の部屋へようこそ。

夏目貴志の部屋

ニャンコ先生、お昼寝中。

 

本家七辻屋・七辻まんじゅうの袋も置いてあります。

 

ミヤの桜 色と動きが美しい

夏目友人帳 ミヤの桜

ミヤの桜、こちらもきれいでした。

 

ぜひ、映像で見ていただきたい。

 

桜の動きが美しいのです。

 

イラストレーター・マンガ家のやじまさんの作品です。

妖に名前を返す 体験コーナーもあるよ。

夏目友人帳 名前を返す

妖に名前を返す体験コーナーもあります。

 

写真は撮らなかったけどプロジェクションマッピングで現れます。

 

人がやっているのを周りから見た方がよく見えました。

夏目友人帳 友人帳

夏目友人帳展、最後の展示、友人帳です。

 

ちゃんと中身は妖の名前が書いてありました。

 

しかし、読めず・・

夏目友人帳展 初心者でもたのしめます。まとめ

夏目友人帳展 パンフレット

初心者なのでわけわかんなかったり、おもしろくなかったらどうしよう。

 

そんな心配は無用でした。

 

ほぼ、登場人物、妖怪たち、わからなかったけど大丈夫です。

 

楽しめます。

 

写真撮影オッケイというのも良かったです。

 

家に帰って繰り返し見れますしね。

 

実際は30枚くらい撮ってきました。

 

夏目友人帳にでてくる熊本県人吉市の石橋、バス停など写真とマンガを比べて並べてあります。

 

 

そこは写真禁止ゾーンだったので撮ってません。

 

どこか懐かしい場所です。

 

緑川先生の似顔絵とプロフィールもありました。

似顔絵だと親近感わきますね。

 

 

あと、物販はとてもにぎわっていて、みんなここぞとばかりに買い物かごに入れてました。

 

 

わが家の次女もパンフレット、Tシャツ、タオル購入しましたよ。

 

夏目友人帳展、楽しかったです。

 

夏目友人帳を見るならU‐NEXTがおすすめ

アニメ・夏目友人帳を見るなら第1期~第6期まで全作配信中。

U‐NEXTは最新作から名作まで15万本以上配信している日本最大級の動画配信サービスです。

テレビで見逃した話題のアニメも多数配信中。

31日間無料体験できる

最新作も続々登場

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です