格安スマホの乗り換えに迷ってる40代主婦の方へ

格安スマホ mineo マイネオ 40代主婦

スポンサーリンク

 

こんにちは!アラフィフ主婦のるみともです。

 

ソフトバンクから格安スマホ・mineo(マイネオ)に乗り換えて8ヶ月が過ぎました。

 

乗り換えてみると半年間も悩みに悩んでやっとmineo(マイネオ)に乗り換えたことが嘘のようです。

 

そんな私がソフトバンクのiPhone6から格安スマホ・mineo(マイネオ)へ乗り換えようと決めたのは訳があります。

 

  • 目に見えない通信費に高い料金をこのまま払い続けるのが嫌になった。
  • 高校生になった長女もスマホデビューし我が家の通信費が高くなった。

 

 

以上の理由で私の格安スマホへの乗り換え挑戦が始まりました。

↓今すぐマイネオに申し込む↓

家族で乗り換えよう

 

大げさに聞こえますが8ヶ月前の私にとっては清水の舞台から飛び降りるくらいの一大決心だったのです。

 

なんせ、スマホには詳しくもなく、何事もスムーズにいかない性格なので決心するまで時間かかりました。

 

 

結果、ソフトバンク時代、月額7,000円だったスマホ代がmineo(マイネオ)に替えてから月額3,700円になりました!

 

るみとも

3,700円!?そんなに安くない?

るみとも

機種代・月1,700円込みだよ~

機種代を24回払いにしているので機種代込の金額です。(機種代・月1,700円)

もっと早く格安スマホに乗り換えておけばよかった!と思えるくらいいざ乗り換えてみれば簡単でした。

 

といいたいところですが、40代主婦の不器用な私でもつまづきながらなんとかmineo(マイネオ)に乗り換えることが出来ました。

 

スポンサーリンク

40代主婦の私が格安スマホの乗り換えになぜ迷っていたのか?

  • 格安スマホは本当に繋がるのか?
  • 手続きが面倒くさそう
  • 自分で設定する自信がない
  • 誰に聞いていいかわからない

そんなこんなの理由で迷ってました。

 

九州の緑豊かな(田舎とも言う)地方で格安スマホはつながるのか?

 

私の周りにはまだ格安スマホを使っている人はいませんでした。

 

なおさら不安がつのります。

 

そして、どこの格安スマホがいいのかわからないし、申込みも面倒くさそう。

 

 

自分で設定するなんて無理だね・・・なんてぐうたらなことを考えてました。

 

そんな中、旦那さんが一足早くイオンモバイルからスマホデビューしたのです。

 

ドコモのガラケーからの初のスマホです。イオンモールのスマホの売り場でイオンの店員さんが全部設定してくれました。

 

 

一気に格安スマホに乗り換えよう!気分は上々です。

さんざん迷ってmineo(マイネオ)に決めた理由

ネットで格安スマホを調べていくと私が使っていたソフトバンクのiPhone6はSIMロック解除できないためmineo(マイネオ)では使えないことが分かりました。

 

当時はソフトバンク回線の格安SIM会社がなかったため機種も買い替えることに。

 

(2018年1月現在ではb-mobile、u-mobile、スマモバがソフトバンク回線に対応しています)

 

ちょうど2年使っていたので更新月に乗り換える計画を立てました。

 

↓今すぐマイネオに申し込む↓

家族で乗り換えよう

 

私の格安スマホ・SIM選びの条件

  • 近くに店舗がある
  • 端末の内蔵メモリ32GB以上
  •  

当初は自分で設定する自信がなかったので、店舗のあることを条件に探しました。

私の住む九州の緑豊かな地域では選べる会社は限られているけどその中でも、3つの格安スマホ・SIM会社が見つかりました。

 

 

イオンモバイル、楽天モバイル、mineo(マイネオ)。

 

イオンモバイルは私の家から車で1時間ほどのイオンモールに売り場があって、旦那さんが一足早くイオンモバイルを使い始めたこともあり安心感があります。

 

 

設定も店員さんが無料で全部やってくれるので一番簡単に乗り換えられそうです。

 

しかし、内蔵メモリ32GBの格安スマホが見に行ったとき在庫が無かったので候補から外すことに。

 

 

次に、楽天モバイル

 

こちらの店舗の私の家から車で1時間ほどのモールに売り場があります。

 

どのモールも車で1時間はかかるなんてどんだけ田舎なんだろう・・とお思いかもしれませんが車がないと不便な、イヤ、言い換えるととてものどかな所に住んでいます。

 

 

楽天モバイルは機種も豊富で魅力的です。

 

楽天でよくネットショッピングをするので楽天ポイントが付くのも良い点です。

 

ちょっとネックになったのが、月額の料金は1年目は安いけど、2年目から高くなるのが気になりました。

 

 

そこでいったん保留することに。

 

そして巡り合ったmineo(マイネオ)

 

私の住む地域ではmineo(マイネオ)の店舗はありません。

 

でもmineo(マイネオ)の公式ページにサポート店があることが分かりました。

 

サポート店とはmineo(マイネオ)への申込、端末購入、1,000円でSIMカード差し替え、初期設定までやってもらえるのです。

 

 

幸い、家から車で30分のところにサポート店があることがわかり下見がてら家族で行ってきました。

 

ちゃんとmineo(マイネオ)のチラシが置いてあるのを確認して、ここなら一人でも車で行けるなぁと一気に第一候補に急浮上です。

 

 

機種もお目当ての内蔵メモリ32GBのHUAWEI novaが出たばかりで、ますますmineo(マイネオ)寄りに。

 

なぜ内蔵メモリ32GBの格安スマホ希望かというと、前に使っていたiPhone6が16GBだったので結構容量がすぐいっぱいになりアプリなど厳選して入れていたのです。

 

それで少し容量の大きい端末がいいなと思いまして。

 

端末の値段は高くなるけど、iPhoneに比べたら全然安いです。

 

9割がたmineo(マイネオ)に決めかけていたわけですが。

 

(ここまで来るのに5カ月はかかってる。遅!)

 

何を思ったか、自分で設定しよう!と決めたのです。

mineo(マイネオ)に関するサイトを色々見ているうちに自分で設定できるのでは?と妙な自信がついてきたのです。

わたしも乗り換えられた!

格安スマホは主婦の味方

40代主婦もスマホを自分で設定出来る

一番の問題だったSIMの挿入をYouTubeで確認して何回もシュミレーションしました。

私のような知識もない者はYouTubeなどの動画は助かります。

なんでSIMの挿入が一番の問題だったかというと、私が不器用だからです。

 

SIMはとても小さく、細かい作業が苦手な私にとっては一番難しい問題でした。


SIMの挿入をクリアしたら90%乗り換えたも同然です。(私的には)

mineo(マイネオ)の説明書にもSIMの入れ方は詳しく載せてあり、慎重に扱えば大丈夫です。

 

だいぶ端折りましたが、こんな私でも自力でmineo(マイネオ)に乗り換えることが出来ました!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です