【母の日】結婚16年間で義理母へ贈ったプレゼントは自分ももらってうれしい物

母の日の義理母へのプレゼント 

 

こんにちは、40代パート主婦、るみともです。

 

母の日。プレゼント選びに毎年悩んでいませんか?

 

結婚して16年。母の日のプレゼント選びもマンネリ化してきました。

 

 

実家の母ならいいけど、義理母への、母の日のプレゼントは毎年悩みます。

 

るみとも

今年は何をプレゼントしようかな?悩む~。

 

我が家は旦那さんの実家が遠方になるので、ここ10年はネットで母の日のプレゼントを選んで郵送しています。

 

 

義理母も70代になり、私が歳を取るはずだと実感する今日この頃です。

 

 

そこで、母の日に、70代義理母に贈るプレゼント。

 

今までプレゼントした物、反省の意味も込め、独断と偏見で考察します。

 

いろいろ贈ったけど、やっぱり自分ももらってうれしい物が一番!

スポンサーリンク

義理母へ母の日にプレゼントしたもの。

  • 現金
  • お花
  • スウィーツとお花のセット
  • 熊野筆(名前入りチークブラシ)
  • バック
  • パジャマ
  • 日傘
  • 紀州梅

 

私が結婚して16年間で義理母に母の日に贈ったプレゼントです。

 

実は結婚してから5年間、母の日に義理母と実家の母には現金を送っていました。

 

 

今思うと味気ない気もしますが・・

 

結婚した頃は義理母もまだ正社員で仕事をバリバリやっていたので、現金もらってもうれしくなかったかな・・と最近思います。

 

 

ちなみに、金額は1万円です。

 

義理母も実家の母も同額です。

 

裏を返せば母の日のプレゼント選びに悩まなかった頃です。

 

 

現金と決めていたので、メッセージを添えて、現金書留で郵送すればすぐできます。

 

 

結婚、出産してすぐ私は仕事を辞めて専業主婦になったので郵便局に行くのも時間はありました。

 

 

結婚5年目で私もフルタイムの仕事を始めてから、義理母への母の日のプレゼント選びに悩むようになったのです。

 

私が仕事をすることで世帯の収入は増えてはいましたが、旦那さんの会社はリーマンショックの影響で給料も減り、そして、子供を保育園に入れたので保育料もかかってきました。

 

 

そこで、予算を1万円から1万円以内に変更することに。

 

1万円以内というのがミソです(*_*)

 

6年目からは義理母への、母の日のプレゼントに、私が使って良かったもの、食べてみて良かったものを贈ったりしています。

 

スポンサーリンク

例えば、熊野筆

 

熊野筆は使いやすいです!

 

これはおススメです。

 

チークブラシを選びました。

 

お化粧はほとんど毎日するのでこれはわたしのイチオシです。

 

自分で使ってみて良かったので、これは義理母にもプレゼントしよう!と思ったわけです。

 

自分用には名前入れてませんが、義理母にプレゼントしたものにはローマ字で名前が入っています。

 

 

お値段は6,000円くらいでした。

 

ちなみに私が使っている熊野筆のチークブラシは3,000円くらいのものです。

 

義理母へのプレゼントの方が毛にボリュームあって肉厚です。

 

柄の長さが最初、短いと思ったけど、使ってみると、柄は短い方が扱いやすくて握りやすいです。

 

 

化粧ポーチにもすっぽり入ります。

 

チークブラシは自分ではなかなか買い換えないし、高い物も買えないので、これは義理母も喜んでいました。

 

 

まだこの頃は、母の日のプレゼント選びを苦になっていなかった頃です。

 

自分でもいいモノ見つけた!と思ってましたから。

 

次に、紀州梅

 

これも私が梅干し好きだからという理由で、母の日に義理母へのプレゼントにしました。

 

 

お値段、5,500円。

 

一粒づつの個包装タイプです。

 

贅沢ですね~。母の日のプレゼントは義理母には普段より少しだけいいものをプレゼントしたいですよね。

 

 

そして、自分で買うにはちょっと高いかな~と思わせるくらいの値段。

 

ここ数年はお花とスウィーツのセットやお花だけプレゼントを交互にしています。

 

若干、手抜き感。

 

そして値段も少しづつ安くなってきてます。

 

お花はネットで選ぶと意外と難しいです。

 

ボリュームが分かりずらいのです。

 

本当にこのボリュームでこの金額!?

 

お店で現物を見てから郵送した方がいいのか、ネットで選ぶか。

 

 

結局、いつもネットで選んでます。

 

旦那さんの実家が遠方なので実物は見たことはありません。

 

 

実際のところお花がどうだったかは聞いたこともないです。

 

ネットのクチコミを頼りに選んでます。

 

そして、スウィーツとお花のセット

 

これは毎年ネットで注文するのに出遅れます。

 

年々、母の日のプレゼント選びも切羽詰ってきてからしか選ばなくなったので、ギリギリなんです。

 

 

そのため、気に入ったスウィーツとお花の組み合わせのセットは既に売り切れてるのです。

 

予算6,000円くらいで見つけようとすると、人気のスウィーツとお花は残ってなくて、スウィーツが気に入らなかったり、お花がイマイチだったり、金額が高かったりでなかなか選べない。

 

 

スウィーツとお花のセットを狙っている人は早めの購入がいいです。

 

結局、ちょっと妥協して選んだりしてます。

 

パジャマもプレゼントしました。

 

パジャマは、うーん、迷いました。

 

サイズや柄、生地、値段。

 

全部迷いました。

 

パジャマは、ネットではなくお店で買いました。

 

実物を見て、生地や柄、サイズが義理母に合うかどうか。

 

ガーゼ生地の花柄を選びました。

 

 

スリーシーズン着れるので重宝しそうです。

 

義理母世代の好みもあるけど、出来るだけ明るい華やかな色合いがいいです。

 

 

若いころは服や身につけるものは、暗めの色を選びがちだけど、年を重ねるにつれ、パーッと明るい色が肌になじみます。

 

 

でもやっぱり衣類は選ぶのに難しいですね。

 

バックも1度プレゼントしました。

 

予算は1万円です。

 

バックに1万円とは義理母世代、当時60代ではちょっと金額が安めだったかなと思います。

 

 

60代ともなるとバックもそれなりに値段が張るものを使いたいと思うので。

 

黒いラメ入りのバックでしたがバックはもうあげません。

 

自分で選んどいて、イマイチでした。

 

予算をもう少し高くするといいのかもしれませんが、今のウチの家計ではちょっとキツイかな・・・

 

 

そして、日傘

 

日傘も母の日のプレゼントに人気です。

 

なかなか自分では買い換えないので黒い日傘を贈ってみました。

 

 

しかーーし、母の日を過ぎた後、旦那さんの実家に行ってみたら、黒い日傘、2本ある!

 

 

 

どうも、弟嫁も黒い日傘を贈ったらしく、まさかのプレゼントかぶり

 

当たり前すぎるのを選ぶとこんなことになるんですね。

 

以上が私が結婚して16年で母の日のプレゼントに義理母に贈ったもの。

結局、毎年母の日のプレゼントで悩む

 

そして、義理母(姑)も70代になり、母の日のプレゼント選びもなにがいいのか?

 

仲は年3回しか会えないけど、良好です。

 

かといって、何が欲しいですか?と直接聞く勇気はありませんが。

 

定年まで正社員で仕事にがんばってきた義理母なのでお金には不自由はしていません。

 

 

ですが、まだまだこれからの人生も長いです。

 

現金を贈って、好きなものに使ってもらった方がやっぱりいいのかな。

 

今年も母の日のプレゼントに頭を悩ませていますがネットやお店で選ぶ時間をもっと楽しんで、自分ももらってうれしい物が一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です