米津玄師さん、紅白出場おめでとう!48才母が勝手に考察します。

米津玄師 紅白出場 Lemon 徳島

スポンサーリンク

 

こんにちは!40代主婦るみともです。

 

米津玄師(よねづけんし)さん、紅白出場おめでとうございます!!

 

急きょyahoo!のニュースで知りました。

 

紅白、いや、テレビで歌うことはないだろう・・と勝手に決めていました。

(すまんのう)

 

紅白歌合戦を見る楽しみが増えました。

 

2019年2月にある米津さんの福岡マリンメッセのライブに次女と行くことになり、今、繰り返し歌を聴いています。

ドキドキのチケット抽選はコチラ↓

米津玄師 ライブ 2019 米津玄師2019ライブ決定!48才母は行けるのか!?

 

アラフィフでライブ立ちっぱなしは正直体力に自信がありませんが気合いで乗り切ろうと思っています。

 

 

今一番楽しみにしている米津玄師さんのライブ。

 

その前に紅白でよねずさんの歌を聴けるなんで、感激です。

 

ちょっとヒートアップしてきたところで、2018年12月31日の紅白歌合戦で米津さんの紅白出場について勝手に考察します。

スポンサーリンク

 

米津玄師さんはなんで紅白出場を決めたのか?

どうして米津玄師さんは紅白出場を決めたのでしょうか?

 

米津さんのツイートを読んで理由はわかりました。

 

亡くなったお祖父さんが暮らした故郷・徳島で唄うことに意味があるような気がする。

 

この一言に尽きますね。

 

もう、米津さんのファンの方は号泣ものではないでしょうか。

 

(わたしもここ数カ月からのファンですけど・・)

米津さんとの出会いはコチラ↓

中学生の娘がハマっている米津玄師の魅力を48才の母が考察します。

 

NHKさんも粘り強い交渉があっての出場決定と思います。

 

もう、よくやったよ~とNHKさんを褒め称えたいです。

(上から目線ですみません)

 

でも、やっぱり紅白に出ることを快諾してくれた米津さん。

 

故郷の徳島県の方々は本当にうれしいでしょう。

 

米津さんのおじいさん、どんな方だったんでしょうね。

きっと天国から見てくれていると思います。

 

もう母の気分・・・

 

そして、「歌詞を間違えないように気をつけたいと思います

 

 

緊張です~こっちも!

あたたかく見守りたいです。

スポンサーリンク

米津玄師さんが紅白で唄う歌は「Lemon」

2018年、平成最後の大みそかに米津さんが紅白で歌う曲「Lemon

 

TBSテレビの金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌になりました。

 

コレ、見てません。

でもわたしはLemonから米津さんの曲を聴きはじめました。

 

いい曲です。

米津さんの曲の中で一番好きな曲です。

 

あの日かなしみさえ、あの日のくるしみさえ・・

 

グッときますね。

 

この曲をテレビで、生放送で聴けるなんて。

 

このlemonのMVは何回もみました。

2億4千万回再生!

 

すごい。

 

バックのダンサーもいいんです。

 

なんか演劇をみているような・・・

 

そんな気分になります。

 

そしてざわっとする感じ・・・

 

抽象的ですみません。

 

語彙力がないもんで・・

 

48才母をも惹きつける魅力。

いまや若い人だけではありません。

 

わたしのようなアラフィフも米津さんの歌を聴いています。

 

Lemonから入った人は多いのではないでしょうか?

2019の米津さんのライブも楽しみですけど紅白も楽しみです。

 

紅白で中継。米津さんの故郷・徳島県のどこで歌う?

よねづさんの生まれ故郷である徳島県。

わたしは徳島には行ったことがありません。

 

米津さんが紅白歌合戦で歌唱する「Lemon」

 

このLemonに合う場所。

 

どこなのでしょうか?

米津さんの公式ホームページの記載によると、

徳島県からの中継は、安全上の理由から非公開で実施するため、一般の方の立ち入りや観覧はできません。

とあります。

まあ、見には行けないよね・・

 

しかし、やっぱり気になるところです。

徳島県は四国八十八箇所霊場の第一番札所である霊山寺があります。

 

実家の両親は毎年、八十八箇所めぐりに行っていますがわたしはまだ行ったことがありません。

 

霊山寺か?とも思ったけど、ここはあまりにも有名で人も多いだろうからちがうか?

 

 

徳島県三好市にあるかずら橋は?

 

ネットで見たら、うわっつ!こわい。

 

りっぱなかずらで作られてます。

 

山あいにかかる吊り橋。

 

吊り橋で歌う米津さん。

どうでしょう?

 

でも、ここも観光地なのでふだん人は多いらしい。

 

大鳴門橋は?

 

またまた橋。

 

渦潮で有名な鳴門海峡をわたる中央支間長876mのつり橋です。

雄大ですね。

 

でも、ここも本州を結ぶ橋ですし、通行は多いでしょう。

 

もっと穴場的な場所で歌うのでしょうか。

 

一般人が入ってこれないようなところ。

 

うん、もう聴ければどんな場所からの中継でもいいです。

米津さんの紅白歌唱時間はいつ?

米津玄師さんの紅白で歌うのは何時頃なのでしょうか?

 

やっぱり遅い時間でしょう。

引っ張って引っ張って~

 

その間にお風呂に入って準備万端にできます。

 

でもやっぱり歌唱順番がわかってないと、トイレにも行けません。

 

 

大晦日は毎年、旦那さんの実家に帰省します。

 

そして、義両親と私達家族みんなで紅白を見るのが通年です。

 

したがって、好きな時にお風呂に入れません。

 

もちろん、家のテレビで録画をしていくけど、やっぱりな生で見たいです。

 

米津さんが歌う時間までにはくつろいで見たいですね~

 

では、紅白当日までワックワク!(古っ!)

米津さん、紅白の感想

遅ればせながら米津さんの紅白の感想を書きます。

 

もうね、もうね、言葉では言えない・・・

 

イヤ、言わなければ・・

 

感無量でした。

 

米津さんの生歌声はもちろん、中継場所の徳島県鳴門市の大塚国際美術館の幻想的な壁画とキャンドル。

 

 

そして、世界的ダンサー・菅原小春(すがわらこはる)さんのパフォーマンスとすべてがマッチしてテレビ越しに本当に惹きつけられました。

 

 

良かった・・良かったんです。

 

米津さんの「lemon」感動しました。

 

これしか言うことない!!

書きながら興奮しております。

 

 

これまでの紅白、中継だとはっきり言ってありがたみを感じなかった。

なんか、紅白の会場とお茶の間のみなさんと一体感がないというか・・・

 

「あっ!中継か~」(明菜ちゃんのときは良かったけど)

となったけど、米津さんの歌が聴きたいというのももちろん大きいけど、それ以上に、もう涙出そうな感じで感動しました。

 

 

旦那さんの実家で米津さん出番前にお風呂に入って準備万端。

 

CDより良かった。

 

「lemon」の終盤、ちょっと声がかすれたかな・・というところも人間味がありました。

 

心震えるってこうゆうこうとなんですかね。

 

そして、歌唱後の司会のウッチャン。

「米津さんがしゃべってる!」

 

 

その後のはにかんだ米津さんの笑顔も人となりがでていましたね。

 

けっして歌唱だけでは終わらせず、その人のちょっとした本当の姿を引き出してくれるウッチャン。

 

司会がウッチャンで良かった。

他の人だったらあの笑顔は出なかったと思う。

 

つらつら書きましたが、米津玄師さんの紅白初出場の感想でした。

米津さんの紅白1月15日まで限定配信!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

 

米津玄師 ライブ 2019 米津玄師2019ライブ決定!48才母は行けるのか!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です